ウーマン

楽しいペットとの生活【サービスを活用して犬の病気も防ぐ】

たくさんの病がある

犬と聴診器

情報収集を

犬はペットとして日本人に最も多く飼われている動物で、最近ではブームもあって飼育する人が増えています。これに伴って病気になる犬の数も増加しており、動物病院の数も増加傾向にあります。犬も人間と同じように病気になるときがあり、適切な処置をしないと命にかかわるようなこともあります。人間にもかかるようなよく知られた病気から犬独特のものまであるので病気になったかと感じたときにはできるだけ早く専門機関に行って治療をしてもらうことが大切です。予兆を見逃さないようにすると早く発見して、早く治療につなげることができるので、自分でインターネットなどを利用して情報収集をするのも大切です。早期発見治療が犬にとっても負担が少ないです。

人間よりも重篤化

犬の病気はほかっておくと人間よりも早いペースで重篤化していくものが多い特徴があります。これは個体の大きさが小さいほど進行が早いので小型の犬を飼っているときには初期症状に特に注意をする必要があります。また、食生活においても犬用の食事が色々と登場してきて油分や塩分の多いものも増えてきていることから人間と同じような病気にかかるものが増えているのも最近の特徴です。癌や肥満による糖尿病といった病気になるものも増えているので人と同じように普段の生活スタイルから注意をしていく必要があります。病院の医師より生活面について指導を受けることもあるので、それに従うと改善できます。犬専用のトレーニング方法も開発されています。